【ガラス】商品紹介

香炉としてではなく、ポプリ入れをイメージして作られたのでしょう。
実際にお香として使った跡はありませんでした。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガラス茶入れ⇒⇒吉田勝美氏の作です。氏は、技術もさることながら繊細な感覚で茶道具をガラスで創作し絶賛されています。
見るからに繊細さが表れている茶入れです。
茶巾筒⇒⇒熔燸ガラス初代として茶道具をガラスで創作している江副行昭の弟子として、二代目熔燸作家を継いだ江口智子氏の作品。茶道具をガラスで意欲的に創作し絶賛されている作品の一つです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素晴らしい作りです。高さ15㎝、下部4.3㎝、上部5.8㎝。重さ350㌘の重厚な無傷のクリスタル・コップです。後造りと思われる誂えの木箱に収まっています。口部と底は面取りがされています。ウイスキーにもビールに使っても粋なコップでしょう。
時代は、昭和の極く初期か大正期でしょう。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カガミクリスタルの創始者の各務鑛三氏が制作した飴色のガラス花瓶です。各務鑛三氏は芸術院賞を受賞されるほどの技量をお持ちの方でした。
この花瓶は、先日、個人宅から出て来たものですが、箱には「クリスタル硝子花瓶 鑛三作」と書かれています。
高さ33㎝×最大幅20㎝の大きさであるにも関わらず、重さが5.7kgもあります。質の良いクリスタルガラスなのでしょう。

7O1A8816

 

明治末期の春海藤次郎コレクションの大鉢です。これは、バカラ総代理店で判明しました。多分、蓋なしで夏の水差しとして蓮の葉を蓋に見立てて使われたのではないでしょうか。残念ながら、鉢の上部に三か所、ごく小さなホツが三か所あります。直径22.5㎝×高さ11㎝。