2014年 3月

京都大アンティークフェアでの当店は、皆様方のご贔屓により好評の中、終了する事が出来ました。
ありがとうございました。
主商品の香炉、仏像、1930年代のコーヒーカップなどがよく売れました。
初日から、数回所ある駐車場が何回も入場制限がかかった、また、地下鉄・近鉄竹田駅からの無料シャトルバスにも行列が出来て待ちくたびれて、タクシーで来たという方もおられました。
次回は、6月20日から22日に、同じ会場の京都市伏見区パルスプラザにおいて開催されます。

今回の大アンティークフェアでは、当店の主商品の「香炉」に、「祀る」、「飲む」をテーマとした三分野の商品群を展示しました。
 「祀る」は仏像を中心に仏とその周辺に位置するもの、「飲む」はコーヒーカップと周辺の器を並べました。
これが好評で、三分野とも明日は商品を追加搬入しなければならなくなりました。
明日は、土曜日です。多くの方々のご来場をお待ちしています。
古籠堂は、147Bの区画です。会場入り口に地図があります。

3月28日金曜日から誕生日にご来店(各地のアンティークフェア、骨董祭での出店を含む)頂いたお客様に、価格や商品を問わず4割引きをいたします。
 免許証、健康保険証、パスポートなど公的なもので誕生日を証明するものを見せて頂くだけで結構です。
古籠堂は、毎週金曜日から日曜日に開店しています。ただし、仕入などで休業することがあります。この場合は、このページで休業をお知らせします。
 なお、この28日から30日は京都大アンティークフェア(京都市伏見区 パルスプラザ)に出店しますので、本店での営業はいたしません。

京都市伏見区のパルスプラザに於いて開催されます「京都大ンアンティークフェア」に出店します。
このフェアは、西日本で一番大きな骨董祭と謂われていますが、実際は東京の骨董ジャンボリーよりも出店数が多い日本一の骨董祭と思っています。観光バスでツアーで来られたりしてなかなか賑やかな骨董祭です。
古籠堂は、147Bという区画です。
近鉄・京都市営地下鉄「竹田駅」西口から会場への無料シャトルバスが出ています。大駐車場もあります。

3月2日、春の陽気になりました。庭の白梅は散り初め、マンサクは今を盛りと花をいっぱいに付けました。これから、時折、寒い日があっても日一日と暖かくなることでしょう。桜の満開と共に、若き日の又子供や孫たちの卒業式、入学式が思い出される頃になりました。どこかに春を探しにでかけましょう。