明治初期有田焼の名品です(Ⅰ)

明治初期の有田輸出物の独特の窯印です。肥前有田白川の窯元「名人 南里嘉壽」の作品です。南里窯は、代々、鍋島候御用を勤めました。
この窯印は、明治5年から13年頃のものと思われます。場合によっては、明治6年のウイーン万博、明治9年のフィラデルフィア万博の出品作か、その予備品であった可能性があります。同時期の南里嘉壽の作品には、明治二年に東京浜御殿に完成した明治政府の迎賓館である「延遼館」で採用された洋食器類があります。OLYMPUS DIGITAL CAMERA
裏印に、「右一」と記されていますので、元は左右一対の飾り物であったのでしょう。形から見ると、蓋がない飾り物であると思います。