同じく蒔絵香合です。

伏見文秀女王殿下の御愛用の品々を受けてきましたが、この蒔絵香合もそのお宅からの一つです。
ただし、先の二品のように由緒はハッキリしていません。
江戸期の蒔絵だと思います。入り江を背景に、断崖松に船の帆柱、それに寺院が施されています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA