九谷焼の鶏置物は売れました

ありがとうございました。
なお、「九谷焼だが正体が分からない」と記載していました。これは、箱書きに「九谷焼能石焼」とあったことによります。
調べたところ、これは「九谷焼の石焼」のことで、石焼とは「陶器を九谷焼の磁器と同じように堅く焼しめた」という意味のことであると判明しました。江戸末期から明治初年にかけた陶胎の置物でした。