釈迦三尊(銅)像です。

かなり古いものだと思います。お顔は北魏の系統のように思われますが、同定は出来ません。
光背の背面には、金色の模様が一面に象嵌されています。
台座には、型流しでない掘られた字に、「金色」の物質が象嵌で嵌められています。
字はトンバ文字のような象形文字に近いものですが、字解は不明です。
手には掌紋も手掘りされています。
高さ39センチ、最大幅21センチ、重さ約2.2㎏です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA