江戸期の九谷焼(?)の急須です

「皇都 清水」の銘がある急須です。
口付近に、「やま傷」が少しありますが、完品で出てきました。よほど大事にされていたのでしょう。
当初、「京焼」と掲載しましたが、調べを進めていくと釉薬などから九谷焼ではないかとも思っています。九谷焼とすれば、絵の場所の表現を「皇都」としたのも頷けます。江戸期には京都の人間は「都」、「京」という表現をしても、天皇がいる都は自明のこととして「皇都」と表現したことは見たことがありません。OLYMPUS DIGITAL CAMERA