香炉の歴史

香炉の歴史

ryuboku

聖徳太子は流木がお香であると気付いていた?

日本では古くから香の存在が知られていたと思われます。

日本書記には、推古天皇の3年(西暦595年)に淡路島の浜辺に流木が打ち上げられ、住民が流木と思い火に投げ入れたところ、かぐわしい香りがあたり一面に漂い、驚いた住民が地方政庁を通じて朝廷に献上したという記述があります。朝廷では、このかぐわしい木を調べたが用途が不明であったが、皇太子である聖徳太子が「お香である」と気づいていたとされています。

しかし、538年には仏教が伝来していたので、すでに仏教伝来ともに「お香」は伝わっていたと思われます。朝廷で調べたが用途が不明だったという記述は、聖徳太子の徳を高めるためのものかもしれません。

仏教伝来とともにもたらされたと思われる「お香」は、礼拝時の清めの意味で使われていましたが、この時は仏具としての香炉に過ぎなかったのでしょう。龍脳という香薬、お香の上に備える天蓋、沈水香木、丁子や桂皮など伝来が記録にあります。

お香はお化粧のひとつだった

飛鳥地方の都から平城京、長岡京までの血なまぐさい抗争や暗殺などを経て平安京に都が移されてからは、漸く人心が安定し、中国からの香木の招来が増えたこともあって、「薫香」という風習が生まれてきました。

「薫香」というのは、公卿達が「香り」を自分の衣服に浸み込ませることで、一言で言えばお化粧の一つでした。後には、お香は自分たちで調合し自分用の香りを練って作っていました。

この時代の公卿達の住居は、寝殿造りのため部屋の仕切りは屏風や御簾によるものですから、お香も衣服に浸み込ませると同時にいくつもの部屋に香りを流すという使われ方だったと思われます。

青磁や銅で出来た香炉が中国から招来

飛躍的に使われ方が変化したのは、第八代足利将軍義政時代になってからだと思います。

第三代将軍義満が建てた金閣寺は、屋根の上に鳳凰を立てて次の時代の天子が現れること(次の天子は足利だ)を外部に誇示しましたが、義政が建てた銀閣寺は自己の中に内省する建物様式で、襖や障子が生まれました。

部屋が壁や襖・障子で仕切られるようになり「お香」の使われ方も変化してきました。部屋の飾りと同時に部屋毎で使う「お香」に変わってきたのです。

青磁や銅で出来た香炉が中国から招来し、この時代の「香炉」の形や使われ方が現代の「香炉」のそれに繋がっていきました。

私は、この時代の様々な文化が後代の日本文化の元になったと思っています。

香りの遊びから茶道の世界へ変容する香炉

室町時代には、「聞香」と言い香の種類を当てて競う遊びがはじまり、この「聞香」には、蓋のない香炉が使われました。

桃山時代になると、侘び寂びの千利休の茶道が発展し、「香炉」はあまり使われなくなりました。

江戸時代に入り、特に武家の茶道が発達するとともに「香炉」は復活し、これが上流商家にも使われるようになりました。江戸中期から後期にかけて商家の勢いが増し、明治維新とともに中流階層の数が爆発的に増えるとともに、床の間を飾る「香炉」の生産が各生産地で増えて現在に至っています。

香炉をたしなむ

dou

いま中国では、「香炉」をたしなむことが流行してきているということです。厳かな雰囲気を出すために、またお客様を迎える少し前に「お香」を焚くという風情を皆様方も作られませんか。